小菅です。

2018年7月から
SSL化していないサイト「http://」は
「保護されていません」と警告が表示されるようになる。

ネットビジネス・アフィリエイトを
実践されている方なら聞いたこともあると思います。


ということで、
僕も順次サイトをSSL化(https化)しました。

記事数が多いサイトは後回しになっていたので、
こちらのサイトも8月のこの時期になったわけですが。


サイトをSSL化するために必要なことは?

ブログSSL化

最初はものすごく面倒臭そうに思えるかもですが、
やってみると案外簡単なんですよね。

やったことと言えば、

  • サーバー側でhttpsの設定を追加
  • httpをhttpsにリダイレクト設定
  • 過去記事のhttpをhttpsに変更

の3つだけですから。


ちなみにですが。
もし、SSL化したはずなのに「保護されていない」
と出るページがあるなら。

画像のURLに原因があります。

つまり、
「http://」から始まるURLの画像があると
完全にSSL化されていない、と判断されるわけですね。

ここだけは気をつけて下さい。


今回のブログの変更点について

SSL化と同時に、実は色々と変更していました。
やるなら一気に、と思って先延ばししていたわけですね。

何が変わったかと言うと…

1.テンプレートの変更

本当は検索エンジン的に(SEO的に)
良いことではないのですが…

PHPバージョンを上げると、
前のテンプレートではエラーが出るようになりました。


それも1個2個じゃなくて10個以上。

これを1つずつ修正するよりは、
とテンプレートごと変えました。


3カラムから2カラムにして、
その後テンプレートのカスタマイズ。

こちらのブログは何年も前から運営しているので、
PHPもどんどんバージョンアップしています。

 

新しいほうがサイトの表示速度がグッと上がる。
だから、PHPのバージョンUPも急務だったわけで。

それを今回、一括でやったわけですね。


2.過去記事の修正

ワードプレスなら、プラグインを使って一括で修正もできます。

ただ、自動で一括でやってくれる代わりに、
失敗した時のリカバリーは大変です。

なので、少なくとも
バックアップは取っておきたいところ。

まぁ、これもプラグインでサクッとできるわけですが。


一度やって、やり方さえ覚えれば楽々です。
でも、その1回めが大変なんですよね。

抵抗感がすごいというか。
ビジネスなので、そこは我慢して頑張りましょう。


色々とカスタマイズした結果、
なかなか良い感じに落ち着いたのではないかと思います。

でももし、何か変な部分があったら、
コメント欄かお問い合わせから教えてくださいね。

では、今後ともよろしくお願いいたします。