小菅です。

1月1日から
確定申告ができる

ということを、
あなたは知ってましたか?

 

今年の確定申告はお早めに

2017年の確定申告はいつから?

実は、年明けの平日から
もう確定申告ができるんです。

支払った分の税金が戻ってくるか
元々、何も支払ってなくて
税金0の場合に限りますけどね。

つまり、還付申告のみ
1月1日から受け付けされている。

 

税金が発生する場合は、
一般的に「確定申告が始まる日」
として知られている
2月16日をゆっくりと待ちましょう。

毎年やってるなら、
利用者識別番号と暗証番号、
それと去年の控えをお忘れなく。

 

今年から始めるなら、
何を申告するかをあらかじめ決めておいて、
必要書類の準備はしておいてくださいね。

税務署の職員さんが
しっかり教えてくれるので

思った以上に
あっけなく終わると思います。

 

あなたにとっては
1年に1回のことでしかない
としても

向こうからすれば、
1年中やってることなので。

しかも、
何千人も対処しているうちの
1人でしかないし。

 

だから、どんなに
難しい問題を持っていったとしても
サクサク対処されておしましです。

株をやってるとか
今年は家をローンで買って、
申告の仕方がわからない、とかでも

ほぼ付きっきりで見てもらえますし。

 

僕の経験からすれば、
FX関係が一番厄介だった
ような気がします。

FX取引業者によって
計算方法とか違ったような。

 

まぁでも、そういったものも
時間はかかるけど対処されていたので

どんなものでも1時間もかからず
確定申告できるでしょう。

 

ただ、3月15日に向かって
待ち列がドンドン長くなっていきます。

税務署で働いてた経験からも
これだけは断言できます。

 

1月1日~2月15日は
ほぼ混まないけれど

2月16日から3月15日に
向かって、比例するように
どんどん待ち時間が長くなっていく。

 

確定申告時期は、
実は2日だけ、一部の税務署が
日曜日も確定申告の相談及び
申告書の受け付けを行ないますが

その日は、2時間以上待ち
ってのが当たり前のレベル。

 

できれば、さっさと
終わらせたほうが良いですよ。

どうせ行く必要があるのは
変わりないんだから。

 

ただ、自宅から
ネットで申告することもできます。

電子証明書が組み込まれている
マイナンバーカードなどが必要になるものの。

事前準備をしておけば、毎年
【e-Tax】国税電子申告・納税システム
(イータックス)を使って
自宅からネットで提出(送信)できる。

 

わざわざ税務署に行かなくても、
国税庁ホームページの
「確定申告書等作成コーナー」で
申告書を作成して

自宅で申告・納税手続きを
済ませられるってことですね。

 

もし、所得税の確定申告期限の3月15日を過ぎてしまったら

納税義務があるのに
3月15日までに納税しないと…

期限後申告になります。
3月16日以降は、延滞税を
支払わなければならなくなる。

融通が効かないので、
1日でも過ぎると容赦なく、
延滞税を支払うはめになります。

 

だから、くれぐれも
後回しになんてしないように。

もし、税金や確定申告のことが
イマイチよくわからないなら、
こちらの無料配布特典を手に入れてください。


インターネットビジネス戦略メルマガ登録フォーム

メルマガ登録者さん限定で、
7つの特典をお渡ししています。

 

そのうちの
「特典7.10分で丸わかり!
アフィリエイトの税金&確定申告」

僕が税務署で働いていた
経験を元に、税金と確定申告の
トピックや豆知識をまとめました。

ほかの6つの特典とともに
ぜひ手に入れてくださいね^^

 

10倍おもしろく役立つ情報を配信中。
メールマガジン登録

アフィリエイトで稼ぎたい方は今すぐ!

今回の記事が参考になったのなら、こちらから
「メルマガ登録」「ランキングクリック」「いいね!」
「ツイート」「ブックマーク」をお願いします。

あなたの温かい応援を、
次回記事作成の励みとさせていただきます。

↓↓↓
人気ブログランキング

ご協力ありがとうございます。