Pandora2(パンドラ2)とキーワードスカウターSの違い

小菅です。

以前から紹介している
Pandora2(パンドラ2)は

合法的にカンニングする
機能を盛り込んだ、
禁断のツールの後継版です。

キーワードマーケティングの高機能ツール

後継版と言う言葉通り、
販売元の株式会社Catch the Webは

実は
「禁断のキーワードツール Pandora」
を2010年1月に販売しています。

そして更には、
「キーワードスカウターS」
というツールも出しています。

 

初代「Pandora」は、
1日で1000万円以上売れて

個人・法人問わず、
総計数千人の人が手に入れた
キーワードツールです。

 

有名なアフィリエイター、
リスティング会社、個人事業主。

そして副業として
ネットビジネスを実践する方まで
様々な人が使っています。

しかし、あまりに強力過ぎるため、
1年足らずで販売中止になりました。

 

その「Pandora」が、
お客様からリクエストと
機能改善要望を受け

「Pandora2」として、
大幅バージョンアップして
帰ってきました!!

 

実際、ツール起動時の画面は
非常に似通っているのですが、
機能は大幅に変更されています。

こんな画面です。

パンドラ2の操作画面

※クリックすると拡大表示されます。

 

初代PandoraとPandora2の間に
「キーワードスカウターS」
というツールも出していますが

これはPandora2の廉価版、
という感じですね。

時代の変化もあって、
全体的には性能UPしているんですが、
削られている機能がとても多い。

 

その分、
値段が安くなっているのですが

使える場面が
だいぶ限られてしまうので、
あまりオススメはできません。

 

キーワードスカウターSから
更に進化させ、機能を大幅に
向上させたのがPandora2という図式ですね。

ひと目でわかるよう、
表にまとめましたので確認して下さい。

 

前作Pandora、キーワードスカウターSとの比較表

禁断のツールPandora2

機能・Pandora・キーワードスカウターS・Pandora2
の順で掲載しています。

機能 Pan キS P2
◆1【広告逆引き機能】
・ライバルのURLから広告情報を
 逆引き検索してカンニング調査できる
×
◆2【広告一覧検索機能】
・キーワードから広告出稿している
 ライバルの広告情報を一覧で調べられる
×
◆3【提携広告検索機能】
・広告文に「提携」が入っている
 PPCアフィリエイト広告を一気に調べられる
× ×
◆4【クリック先URL調査機能】
・普通では知ることが出来ない
 広告クリック先のURLを調べることが出来る
× ×
◆5【URL偽装広告検索機能】
・広告表示URLを偽装して出稿している
 広告を一目で調べられる
× ×
◆6【同一IPサイト検索機能】
・ライバルが同じサーバーに設置している
サイトを調べられる
× ×
◆7【継続出稿広告調査機能】
・過去の広告データと現在の広告出稿状況を
 比べて、継続して広告を出稿して
 稼ぎ続けている広告を調べられる
× ×
◆8【デバイス毎広告調査機能】
・パソコンとスマートフォンそれぞれの
 広告情報を調べることが出来る
× ×
◆9【スマホ対応状況調査機能】
・広告出稿しているサイトがスマートフォンに
 対応しているサイトかどうか調べられる
× ×
◆10【広告順位チェック機能】
・広告出稿しているキーワード毎の
 広告掲載順位を調べて時系列で比較出来る
× ×
◆11【SEO順位チェック機能】
・キーワード毎のSEOの順位を
 調べることが出来る
× ×
◆12【関連キーワード拡張機能】
・キーワードの関連キーワードから稼げる
 お宝キーワードを見つけることが出来る
× ×
◆13【トレンドキーワードリサーチ機能】
・トレンドキーワードからライバルの
 SEO情報&広告情報を調べることが出来る
× ×
◆14【Youtube動画数調査機能】
・キーワード毎のGoogleにヒットするサイト数
 とYoutubeの動画数を比べてライバルが
 少ないYoutubeキーワードがわかる
× ×
◆15【Youtube動画順位調査機能】
・キーワード毎のGoogleの検索結果で何位に
 Youtubeの動画が表示されるか調べられる
×
◆16【プレポジ数調査機能】
・キーワード毎の広告のプレミアム
 ポジション数を調べることが出来る
×
◆17【キーワードデータ取込機能】
・Yahoo!キーワードアドバイスツールや
 Googleキーワードプランナーのデータを
 取り込んで解析することができる
×
◆18【上位サイトSEO解析機能】
・特定キーワードにおいて、現在上位表示
 されているサイトのSEO情報を解析できる
×
◆19【お宝キーワード発見機能】
・キーワード毎のさまざまなデータから
 狙い目のお宝キーワードを発見できる
◆20【キーワードデータ抽出機能】
・特定のキーワード群や解析結果の全てを
 CSVでインポート・アウトポートできる

 

初代Pandoraと
キーワードスカウターSと比べると

Pandora2(パンドラ2)は
新しい機能を豊富に備えているのが
一目瞭然ですね。

 

初代Pandoraの時点で、
非常に好評だった。

そして販売休止時には
問い合わせがひっきりなしに来ていた
ということからも

今作の完成度を
窺い知ることができます。

 

ライバルサイトをあらゆる面から
分析し、そして今現在稼いでいる
商品やキーワードを教えてもらえる。

そんな超のつく便利ツールが
このPandora2です。

 

機能のほんの一部でも
しっかり活用できれば

十分投資に見合った
リターンが得られるのは
間違いありません。

↓↓↓

【オリジナル特典も提供】Pandora2(パンドラ2)の詳細レビューはこちらから

では、小菅でした。

  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人の自己紹介

ブログ管理人↓↓

プロフィール
 
小菅のプロフィールはこちら

 

メルマガ登録はこちらから

【ブログのテーマ】
・サイトアフィリエイト
・ビジネスの重要ポイント
・物販/情報商材アフィリエイト
・時間的自由と経済的自由



これからアフィリエイトを始める方は、こちらの記事をどうぞ。
これからネットビジネスで稼いでいきたい


アフィリエイトで中々稼げなくて悩んでいるのなら…↓↓
アフィリエイトで全然稼げないと諦めかけている方へ

カテゴリ一覧

ブログのタグ一覧

このページの先頭へ