記事を誰に読んで欲しいかを決める お金を稼ぎたいという気持ちだけになっていませんか?

小菅です。

アフィリエイトを実践している人なら

必ずと言っていいほど
最初にやってしまう間違いがあります。

ここに気づいて改善できるかどうかで、
収入を得られるか得られないかが決まる
と言っても過言ではない。

それほど重要なポイントです。

 

アフィリエイトで、
ついついやってしまいがちなのが

「読者を見ない、誰に読んで欲しいかが明確でない」
こんなブログ・サイトを作ってしまうことです。

 

「お金を稼ぎたい」はOK、でもそれだけではいけない

お金を稼ぎたいという気持ちだけ

アフィリエイトを始めようという動機は、
一切の誤魔化しなく正直に言えば、
「お金を稼ぎたいから」ですよね?

 

「いや、俺は社会貢献のために」とか
「その商品を必要な人に届けたいから」
などと言っても

アフィリエイトしている以上は、
金銭が絡んでくるわけです。

だからこれは、当たり前の感情なんだ
ということをまずは認めて下さい。

 

「お金の価値観」というやつですね。
お金に忌避感を持っていれば、
それだけで稼ぎにくくなります。

お金を稼ぎたいと望んでいても、
潜在意識下で「お金は悪いもの」
という価値観を持っていたとしたら…

これをやれば稼げる! という状況で、
急にやる気がなくなったりするんです。

 

だから、
「お金を稼ぎたいと思うことは
自然なことなんだ」

と認識する必要があるわけです。

でもだからと言って、
ブログ・サイトを作る時には、
それを前面に出してはいけません。

一旦それを忘れる必要があるということですね。

 

なぜか?

読者は基本的に、売り込まれるのを嫌うからです。

  • これを買ってくれ
  • これはいいものだからあなたは買うべきだ
  • これを買えば、あなたはこんな得をしますよ
  • これを買わないとあなたは損します!

 

あなたもそうじゃないですか?

百貨店とかファッション店に行って、
「これがオススメですよ」「買って下さい」
とガンガン売り込まれたら。

嫌な気分になったりしません?

そして、一度嫌な気分にさせられたら。
例え欲しいものがあったとしても
買う気がなくなるのが自然なことだと思います。

 

それがわかっていながら。

売り込み記事ばかり書くことを
ネット上ではついついやってしまいます。

稼ぎたいという気持ちが前面に出ていると、
誰でも無意識にやってしまうもの。

これが、商品が売れない
大きな原因の1つになります。

 

だからこそ、意識的に
注意する必要があります。

なぜなら、
「稼げればそれでいい」と思って書かれた記事を、
読者は簡単に見抜くから。

 

例えば、オススメ商品ばかりだったり、
報酬が高額なアフィリエイト案件のみを扱っている

もしくは、色々な商品・サービスばかりを
サイドバーに並べているなど。

 

「お金を稼ぎたい」という考えしか
持っていないと、無意識のうちに
このようなブログやサイトを
構築してしまうんですね。

そして当然、
そんなサイトから物は売れません。

 

読者は売り込みを嫌うので、
売り込まれていると感じた瞬間、
そのサイトから離れます。

これが、読者を見ないということですね。
自分のことしか考えていないサイトになるわけです。

 

ここを理解すると、

  • どんな読者に読んで欲しいのか?
  • 誰を対象にしたコンテンツでサイトを構築していくか?

を自然と考えるようになります。

その方が、売れることに気づくから。

 

その商品・サービスを必要としている人に届ける

結局のところ、アフィリエイトも
リアルの販売と同じことをするわけです。

つまり、
「その商品が欲しい」という人に届ける。

そのために、
どんな人を対象にするか? を決めて、
その人に向けた記事を書いていくわけです。

 

例えば、
あなたが「ニキビで悩んでいる女性」を
対象にしたブログを書いているとして

ニキビに悩んでいて、
その悩みを解決する方法を
探している人のために

このような記事を書く。

 

「これが原因でニキビって出来るんです。
だから、ニキビを解消するにはこの原因を
取り除いてしまえばいいんですね。

原因をなくしてしまえばどうなるでしょうか?

当然、もう二度とニキビは出来ないので、
ニキビの悩みとは永遠に決別できます!

無料で取り除こうと思うと、
数週間の地道な努力が必要になりますが

この商品を使えば、
1日10分のエクササイズを1週間続けるだけで
ニキビの原因を全て取り除けます」

 

今挙げた例では、
対象者:ニキビで悩んでいる女性
主義主張:ニキビについて知ってもらって、
     ニキビで悩む人を一人でも減らしたい
強調すること:原因さえ取り除けば、ニキビは治る

と、こうなってますよね。

この主義主張に沿った商品を紹介すれば、
ニキビで悩んでいる人を集客できて
その人に商品を販売できるということです。

 

上記の例では、
商品の紹介になっていますが
それでも、売り込み色は強くないですよね。

サラッと紹介すればいいんです。
それだけで、必要な人は見てくれるから。

 

アフィリエイトでは、

  • 誰を対象にするか?
  • どんな主義主張なのか?
  • 何を強調して商品を紹介していくか?

ということが大事になってきます。

 

この点をしっかり設定しているかどうかで
成果が大きく変わってくるんです。

 

ここを意識して、
ブログのテーマと記事の趣旨を一貫させる。

つまり、どういう人に読んで欲しいのか、
明確に意識しろということです。

なぜなら、
あなたのサイトを訪れる読者は

あなたのサイトタイトルと説明文、
記事タイトルを見て訪れるから。

 

あなたが言いたいことを
サイトタイトルと説明文に書いて、
個別記事で詳しく書いていく。

対象となる人の特徴を
意識しながら書けば、自然と
ここを一貫させることができます。

つまり、
あなたの主義主張が
明確になるということです。

 

すると、それに共感した人、
あなたの想定した読者が
商品を買っていくようになるんですね。

「自分のことだ」と思うと、
真剣に読んでもらえるようになるから。

で、「自分に必要な商品だ」
と感じたら、もちろん買います。
自分のメリットになるから。

 

ここで欲張って、
たくさんの人に読んでもらいたいからと
対象者を大きく取ろうとすると…

失敗します。
対象者があいまいになると、
誰にも読まれない記事になるので。

例えば、30代の女性全員、とか。
「30代の女性は必ず読んでください」
なんて言われても、響きません。

世の中にはその年代の人が
たくさんいるから、当てはまっていても
真剣には読まないんですよ。

 

「これは自分には関係のない記事だ」
と思われたら、その時点で終わり。

記事にアクセスしても、
読まないまま前の画面に戻って、
ほかの記事を読みにいきます。

コンテンツが面白くないから、
時間のムダだと思われるから。

そうなれば、
どれだけ記事を書いても、
意味がないですよね。

 

逆に、
「これはもしかして俺のことか?」
と思えるような記事なら、夢中になって読むものです。

つまり、読者のイメージが明確にできているかどうか?

ここで、あなたが作る
コンテンツの面白さや、紹介する商品が
売れるかどうかが決まります。

 

コピーライティングとかDRM、
アフィリエイトのノウハウ・テクニックとか。

そういうもの以上に大事な部分。
それが、今回紹介したポイントです。

何と言ってもサイトの核、
根幹の部分ですからね。

 

ここが強固にイメージできていれば

少し文章がまずかろうが、
マーケティングの知識がなかろうが
紹介した商品は売れていきます。

 

あなたの主義主張が一貫していて、
コンテンツが面白ければ、
自然とそうなっていくものなんです。

現時点で、まったく成果の出せていない人は、
間違いなくここが出来ていません。

あなたも、一度ご自身のサイト・ブログを
見直してみて下さい。

 

そうすれば、自分の紹介している
商品・サービスが売れない理由がわかります。

では、小菅でした。

続いて、
アフィリエイトで稼ごうとすると
必ずぶつかる「壁」について。


月1万円の壁、月10万円の壁が突破できない 月数万円は稼げるが、それ以上伸びない

多少は稼げたけれど、報酬が伸び悩んでいる…
という方のための記事になります。

  • LINEで送る
サブコンテンツ

管理人の自己紹介

ブログ管理人↓↓

プロフィール
 
小菅のプロフィールはこちら

 

メルマガ登録はこちらから

【ブログのテーマ】
・サイトアフィリエイト
・ビジネスの重要ポイント
・物販/情報商材アフィリエイト
・時間的自由と経済的自由



これからアフィリエイトを始める方は、こちらの記事をどうぞ。
これからネットビジネスで稼いでいきたい


アフィリエイトで中々稼げなくて悩んでいるのなら…↓↓
アフィリエイトで全然稼げないと諦めかけている方へ

カテゴリ一覧

ブログのタグ一覧

このページの先頭へ